2018年05月04日

ミート・ザ・フジタタイセイ

フジタタイセイとの出会いは、あれはたしか最初だか2回目だかの『ホテル・ミラクル』。われわれアガリスクも根城にしているシアター・ミラクルで行われている企画公演シリーズで、何人かの作家が短編作品を持ち寄る競作イベントだ。毎度深夜開演の"レイト・ショウ"ステージがあるのも特徴で、その試みに興味があったのでとくに目当ての作家も俳優もなく(基本ないけど)なんとなく劇場に足を運んだ。当然、終演後もう終電はないわけで、端から劇場で朝を迎えることを覚悟していった。

終わってみればそのうちの2本くらいが嫌いで腹を立ててしまったりなんだりで、ノンアルコールのくせにグダグダクダを巻いていたら朝。始発も動き出し、帰り際ロビーのあたりで、それまで話したことのないフジタ氏とここで顔を合わせる。

そこで、これについては未だに反省仕切っているのだが、おれは眠すぎたのか深夜のテンションを引きずっていたのか初対面の人間にあらぬ質問を唐突に投げる。


「あなたはセックスに希望を持っていないよね?」


誤解を招く前に、いや誤解でもなんでもないのだが補足が必要だろう。

『ホテル・ミラクル』という公演がラブホテルを舞台にした短編集であり、よって性的な表現やテーマの作品が多かったこと。

フジタ作品が「行きずりの男女がホテルで肉体的交渉を一切行わず、しりとりでコミュニケーションを続ける」という作品だったこと。

その仕掛けや意図を面白いと感じたが、客席の反応はイマイチだったこと。またその意志が見えにくい作品でもあったこと。

先述した"嫌いな作品"が逆に安易で薄っぺらい意図(要するに下ネタ)で塗り固められていて、それが変にウケていて、「それは違うだろう!」と強く思っていたこと。

だからそう言った諸々を加味しての発言なのだが、加味した上でもやはり弁解の余地がない気持の悪さである。しかし、そんな考えうる限りのワースト・コンタクトにも関わらず、怯んだ様子も見せずにフジタタイセイは少し考えてから、


「そうかも知れませんね」


そのようなことを答えた。その後いくつか作品について話したが(おれの結論としてはあれは今回の短編集でもっとも変態的である、なぜならしりとりとは『アナルセックス』である、そこに言語的コミュニケーションだけで到達しようとしている、というものだったと記憶している。まったくどうかしている。)訥々と話すその様子はおれにはとても誠実に思えたのだった。その姿はTwitterで荒れ狂う姿とはまた違うようでどこか似通っていて、それも面白かった。


その縁でなのかはわからないが、今回肋骨蜜柑同好会の公演に参加することになった。「あのとき変な絡み方してごめんなさい」という気持がないわけではないが、それとこれとは話が別だ。基本"出不精俳優"だしコメディ以外にそんなに食指も動かないが、フジタタイセイという作家に興味があって、その作家が声をかけてくれた。そこで動かないなら、それは嘘だろう。そしてプロデュースはしむじゃっく。アガリスクに『わが家の最終的解決』を作らせた敏腕かつ小劇場での"興行的全面バックアップ"という狂気の沙汰を行う特攻野郎。まあ乗らない理由はないかな、と。

おれができることと言えば屁理屈くらいだが、どこでだって"アガリスクエンターテイメントの淺越岳人"を投影させる準備はできてるつもり、だ。


しむじゃっくPresents劇団肋骨蜜柑同好会『草苅事件』

7/217/29@高田馬場ラビネスト


現時点の詳細http://symjack.web.fc2.com/presents.html











posted by 淺越岳人 at 18:25| Comment(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。